bjリーグ「大阪エヴェッサ」と公式ユニフォームサプライヤー契約を結びました

2012/10/02

株式会社アクラム(代表取締役社長 勝谷仁彦)は、株式会社日本プロバスケットボールリーグ(以下bjリーグ)の2012-2013シーズン(2012年10月公式戦開幕)より「大阪エヴェッサ」(ヒューマンスポーツエンタテインメント株式会社)へ公式ユニフォームを含むウェアのオフィシャルサプライヤー契約を締結いたしました。

バスケットボールは子供から社会人まで楽しめるスポーツとして市場が拡大傾向にあります。またbjリーグ等の活動により、全国規模で盛り上がるスポーツへと変革しております。


今シーズンも新規チームの参加により、益々の盛り上がりが期待されているだけでなく、2013年のシーズンからは奈良県にも初のプロバスケチームが誕生することになっております。

弊社は2012年10月より、フラッグシップブランドを「SQUADRA」(スクアドラ)へ統一し、その初の試みとして、bjリーグ3連覇を達成している「大阪エヴェッサ」へ公式ユニフォームをサプライすることといたしました。また、ファングッズの販売や地域密着による地元でのイベント活動、スクール活動等のバックアップ等を通じて、バスケットボールの振興ひいては、スポーツの振興をはかります。


尚、新ユニフォームは今秋開幕前の発表を予定しております。

【サプライ内容】
ゲームウェア、プラクティスウェア、トレーニングウェア、移動用ウェア等


大阪エヴェッサ(ウエスタン・カンファレンス)
ホームタウン:関西文化圏           
【チーム名の由来】 
七福神のお一人で商売繁盛の神様である「戎様」を大阪では親しみを込めて「えべっさん」とお呼びするところから、人情・笑い・商売の街大阪を活気づける存在であることを願い命名。



お問い合わせ
(株)アクラム 担当:山田
0745-53-0001
info@akuram.co.jp

チームオーダー/スポーツウェアのスクアドラ-SQUADRA
カタログダウンロード 一覧ページへ
カタログのお申し込み
銀の抗菌性能で快適性を追求する

アクラムをもっと知っていただくために