アクラムの昇華プリント

アクラムの昇華プリント

他にはない、アクラム独自の昇華プリント技術

 いち早く昇華転写技術を採用した、2001年。その後アクラムの昇華転写プリント技術は飛躍的に発展しました。

昇華プリントユニフォームの特徴 1.マークがひび割れない。はがれない。耐久性に優れています。

昇華プリントのマーキングは絶対ひび割れたり、剥がれたりすることがありません。

生地に色や柄とともに背番号やチーム名も染め上げてしまうため、従来のマーキングのように生地の上から貼り付けたり、シルクプリントするわけではありません。よって、耐久性にも優れ、激しい動きのスポーツには最適です。

昇華プリントによる特許を取得しております

アクラムの昇華プリントなら、生地を「染め」ますので、洗濯してもボロボロにならず美しいままです。

昇華プリントユニフォームの特徴 2.通気性が抜群。しかも軽くて生地の風合いを損ねません。

昇華プリントのマーキングは生地の上からマーク地を貼り付けているわけではありません。だから、生地の風合いそのままに、マークの上の通気性も抜群です。

また、刺繍マークなどのような重量もないため軽くて動きやすく、これからのスポーツシーンには欠かせない技術なのです。

アクラムの昇華プリントなら、生地を「染め」ますので、マーキング部分も通気性抜群です。

昇華プリントユニフォームの特徴 3.色鮮やかでシャープなマーキング。

昇華プリントの特性はやはり、鮮やかでシャープな色を小ロットで出すことができることです。昇華インクはポリエステル生地の上で熱と圧力をかけられることにより、色鮮やかに発色します。

アクラムでは、スポーツに適したインクを研究し、通常のファッションアパレルとは違ったスポーツアパレルの色を日々研究しております。

アクラムの昇華プリントは、スポーツアパレルに適したインクと素材を常に研究し、より最適なマーキングへと日々進化を続けています。

カットマークと昇華プリントの比較 カットマークと昇華プリントのユニフォームを、50回洗濯して比較しました。(当社比)

一般的な熱圧着を、50回洗濯した結果です。

アクラムの昇華プリントを、50回洗濯した結果です。

こちらはポリエステルのシールを熱で生地にくっつける「熱圧着」による一般的なカットマークを、50回洗濯した結果です。
シールを生地にはり付けた形のマークはすぐにはがれ、ボロボロになってしまいました。

こちらはアクラムが採用する昇華方式によって生地を直接染色したマークを、50回洗濯した結果です。
昇華方式の場合生地を「染め」ますので、洗濯してもボロボロにならず美しいままです。


アクラムをもっと知っていただくために